概要説明

CROSSexchangeがスキャムではないと言える5つの理由。XEXは詐欺コインなのか否か

この1か月、CROSSexchangeでは様々なことが起こりました。

 

クイックバイのVIPの誕生やゲームの登場。

テレグラムのIEO「GRAM」と同等の価値として販売された「XGRAM」。

その購入にあたってロック中のXEXをも動かせるという超太っ腹な対応。

様々なイベントで我々を盛り上げてくれました。

 

しかしそのXGRAMが影響したからか、売りが急に殺到し一時期大暴落。

一時期は3分の1ほどまでに価格が下がってしまいました。(今は大復活劇を遂げてます

 

運営からもしばらく特に大きな声明はなく、

コミュニティやSNSでは

「クロスエクスチェンジは本当に大丈夫なのか」

「もう終わったな…」

「ほらみろスキャムだったんだ。詐欺だったんだ」

といった様々な憶測や不安がな意見が飛び交っていました。

 

 

結論から言います。

私はCROSSexchangeは優良取引所であると確信しております。

 

私がそう確信するその理由を、捉えやすいものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

この記事で、少しでもクロスへの不信感が払拭できれば幸いです。

 

 

①スキャムならいろいろ時期が遅すぎる

そもそもスキャム(詐欺)は「仮想通貨を持ち逃げ」することで旨味があるわけです。

 

一時期は15円以上にまで高騰したXEXが一時期5円ほどまでに下落し、今(2019/8/30現在)は10円前後まで回復しております。

15円時代は取引マイニングも頻繁に行われており、1日の取引額が凄まじい時期でした。

 

もし私が騙す側なら、この一番儲かっていた時、15円台の時に逃げるでしょう。

 

しかしCROSSexchangeは、その後さらに活動を活発になり

アゼルバイジャン技術サミットのゼネラルスポンサーに選ばれるなど目覚ましい活躍を見せております。

 

仮に価格が今以上に高騰し30円、40円、100円となってからクロス側が持ち逃げをしてしまっては、

サミットに登壇した関係者一網打尽です。なんといっても顔割れてますしね。

 

つまり、今関係者が逃げようとしても、逃げきれないところまで来てるということになります。

 

 

②本物だからこその行動がいくつも垣間見える

アゼルバイジャン技術サミットの参加

先述もしましたが、これはとても大きいです。

日本のサポートがしっかりしてあるCROSSexchangeですが、アゼルバイジャンの取引所です。

仮想通貨があまり流通していない(と聞いたことのある)アゼルバイジャンからもきちんと評価されていることになります。

なんてったってVISAと並んだわけですから。

 

iOSアプリのリリース

実はこちら、アプリ開発者だと分かると思いますが

AndroidアプリよりもiOSのアプリリリースの方が審査が非常に厳しく、断然難しいんです。

継続するにはお金もかかるし開発者がはっきりしていないとリリースは出来ないし。

正直、めんどくさいんです。笑

もしスキャムなら行わないのではないか、と思うのが自然だと思います。

そんなクロスは、現在2つのアプリをリリースしております。

 

suica開発に携わった高橋博士の存在

高橋博士は量子コンピュータの博士号を持っており、

JRの運行システム(自律分散型)を作ったり、Suicaのシステムを作るなどされていた偉大な方なんです。

そんな高橋博士がクロスのプロジェクトに携わっており、セキュリティ・運用システムの手助けをしてくださっています(携わり方は異なるかもしれません)

 

↓他の方が書かれた記事ですが、高橋博士のことを詳しく知りたい方はこちらも是非ご参照ください。↓

https://www.token-economist.com/2018/08/18/%E3%80%90%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%91%E7%AC%AC4%E5%BC%BE%EF%BC%9Across-%E4%B8%AD%E8%A5%BF%E6%B0%8F%E3%80%80%E3%83%BCcross%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7/

 

↓公式でのご紹介はこちら↓

https://cross.technology/news20190815.html

 

③価格をつり上げて売りぬくには程遠い価格変動(ボラティリティ)

株や仮想通貨などは、

低い価格で購入→価値が上がったところで売る

が基本です。

 

しかしクロスは、XEXを長期ロックしてる人により大きな還元を行っているため

XEXを保有し続ける人が大半を占めています。

それによってXEXの価格は急騰しづらく急落もしづらい、というのが大きな特徴です。

8月半ばに価格が半額になったほどの急落を見せましたがそれも一瞬。今は無事回復しています。

それに急落したのはこの1度だけ。それ以外は過去に一度も急落していないのがクロスの凄いところです。

 

つまり、XEXにボラティリティ(価格変動率)がないということは

XEXそのものは「急騰したタイミングで売る」ようなコインではないのです。

 

となると、運用側が仮にスキャムだったらどうでしょう?

「低い価格で購入→価値が上がったところで売る」

そうすることで儲かるのに上がらない。

XEXほど顧客をだまして持ち逃げするに適さないコインは無いはずですよね?

 

 

④ユーザー対応のレスポンスが速い。誠意が感じられる

スキャムコインのよくある傾向として

サポートがしっかりしていない、放置が多いことです。

しかしクロスは、コミュニティ入ってる方だとおわかりになると思いますが対応がとてつもなく速く、ユーザー想いです。

そして要望があれば可能な限り応えてくれるのもうれしいところですね。

 

 

⑤配当がある以上、スキャムだと騒ぐ人は少なからず存在する

高配当や高収入などをうたう取引所は、確かにスキャムというケースは多いです。それは間違いありません。

残念ながら一部の方によって、CROSSexchangeがスキャムではないかと騒がれてしまっています。

しかし、実際にフタを開けて少しだけ覗いてみると、これほどクリアな取引所はないと言っても過言ではないほどの素晴らしい結果が待っていました。

 

実際に騙された方はいらっしゃいますか?

ロック外れたらちゃんと他通貨化・現金化もできます。

過剰な手数料で膨大な利益を運営側が得ていますか?

 

手数料の最大8割もユーザーに還元して本当に運営はやっていけてるの?

という疑問を持つ方もいらっしゃいます。

実例を挙げましょう。

コインチェックでNEM流出した額は580億円です。

ただ驚くべきはその金額ではありません。

その580億円、ちゃんと補填できたんです。

つまり580億円くらいは平気で返せるくらいにはコインチェックは儲かってたんです。

そう考えると手数料の2割しか運営側の利益にならない、といっても額は膨大だというのが分かると思います。

 

下記は他の方が書かれた記事ですが、別の切り口でクロスの信ぴょう性について記載されておりますので興味がある方は是非。

https://crossexchange-jp.com/suspicious/

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

クロスエクスチェンジはスキャムだとか詐欺だとか言う方もいらっしゃいますが、

少なくとも騙された方はいらっしゃらないというのが現状です。

 

今思ってみれば8月中旬の暴落の際に公式から声明がなかったのは

暴落など「取るに足らないこと」

だったのかもしれませんね。

そう考えるとなおのことクロスの未来は明るいのではないかと思います。

 

勿論投資は自己責任なので、考えたうえでクロスへの投資を辞めるのは個人の自由ですが、

これで少しでもクロスへの不信感が払拭できれば幸いです。

 

クロスエクスチェンジを始めるにはこちらをクリック

今なら120XEXプレゼント中!↓

↓LINE@でクロスエクスチェンジの詳細情報を配信してます!↓

仮想通貨・クロスエクスチェンジの専門用語まとめ

仮想通貨・クロスエクスチェンジの専門用語をまとめました。

可能な限り簡略化してまとめてますので詳しく知りたい方は他のサイトさんも是非ご参照くださいませ。

随時追加していこうと思っておりますのでゆるい気持ちで眺めていただければ幸いです。

(ひとまず順不同です。)

 

取引所

仮想通貨を売買することができる、銀行のようなものです。

CROSSexchangeも取引所ですし、それ以外にも日本で有名なGMOコイン・コインチェック・ビットフライヤーなども取引所となります。

 

トークン

既存のブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨のことを指して「トークン」と呼びます。

 

ブロックチェーン

ビットコイン開発の過程で生まれ、ビットコインの取引を記録する分散型台帳を実現するための技術です。

 

ICO

新規仮想通貨公開。

新規で登場したトークンを発行企業から直接購入することができます。

それによってSCAM(詐欺)や資金持ち逃げするケースもありました。

IEO

販売・配布を、プロジェクトが特定の取引所に委託して行う資金調達のことをいいます。

ICO同様、新規で登場したトークンを取引所から直接購入することができます。

また、IEOは取引後大手仮想通貨取引所で行われることが多く、トークンセール終了後にはその取引所に上場される可能性も高いため将来性という点ではICOよりも安心できます。

そのほか、委託する都合上取引所によって審査が行われるので詐欺などの心配が比較的ありません。

 

旨味だけを簡潔に話すと、

「信頼されやすい発行したてのトークンを安価で買えるから、高騰すれば儲かる可能性が高い」

ということですかね。笑

 

クロスエクスチェンジ(CROSSexchange)

アゼルバイジャン共和国にて仮想通貨の金融ライセンス第1号を取得した取引所。

独自トークンXEXを所持することで毎日配当が得られるシステムを導入。

また、自動マイニングで採掘したい金額ぶんを自動でマイニングしてくれる機能も。

日本語完全対応なので今注目されている取引所です。

 

バイナンス

世界最大規模の海外仮想通貨取引所。

 

マイニング

直訳で「採掘」。言葉のとおり仮想通貨を掘りあてる行為です。

 

暗号通貨

仮想通貨の別称。

 

通貨の種類(代表的なもの)

XEX

読みは「ゼックス」。クロスエクスチェンジ独自のトークン。

BTC

読みは「ビットコイン」。恐らく世界が一番メジャーなトークン。

ETH

読みは「イーサリアム」。

XRP

読みは「リップル」。

USDT

読みは「テザー」。1USDTがほぼ1ドル(USD)になるよう固定されている通貨。

 

※代表的なものを取り上げましたが、ほかにも数千種類のコインが存在しています。

 

アルトコイン

ビットコイン以外の仮想通貨の総称。

 

ビットコインアドレス

ビットコインを利用するにあたっての口座番号のようなもの。

 

ガチホ

ガチでホールド」の略。長期保有。

 

損切り

仮想通貨が暴落するなどで購入した額よりも価値が下がってしまい、これ以上価値が下がる前に損を覚悟して売る行為のこと。

 

塩漬け

仮想通貨を買った直後に暴落するなどして、損切りのタイミングを逸してしまい強制的にホールドすることを余儀なくされてしまう状態である。

 

SCAM(スキャム)

直訳すると「詐欺」。

ICOにおいては、プロジェクトや開発の実態が全くないにも関わらずウェブサイトなどで集客。トークンのプレセールを開始し、仮想通貨を不正に調達するという詐欺事例など。

 

ドミナンス

直訳すると「シェア・占有率」。

例えば「BTCドミナンス」とは、「仮想通貨におけるビットコインのシェア」のことを指し、

仮に仮想通貨市場全体が10兆円・ビットコインが4兆円市場に出回っているとすれば40%となります。

仮想通貨市場の全体像を把握する上で重要な数字となります。

 

ボラティリティ

日本語訳で「価格変動性」です。

ボラティリティが大きいと価格の変動率が高く、大きく利益を得るチャンスがある代わり大損する可能性もあります。

逆にボラティリティが小さいと価格の変動率は低く、損失は生まれにくいですが利益も生み出しにくいです。

 

スプレッド

売りと買いの差額。

例えば

BTC/円、買い:100円 売り:95円の場合であれば、

スプレッドは5円となります。

取引手数料とは異なります。

 

 

↓クロスエクスチェンジの登録は下記から行えます!↓

 

↓LINE@でクロスエクスチェンジの詳細情報を配信してます!↓

「取引マイニング」と「クイック購入」の違いって?どっちがお得?【クロスエクスチェンジ】

先日、クロスエクスチェンジでまた新しいキャンペーンが発表されましたね。

その内容はズバリ、

XEX QuickBUYキャンペーン

クイック購入をすることで10分の1の確率で購入数量が2倍になるという太っ腹キャンペーンです!

つまり1万円が2万円、10万円が20万円、50万円が100万円になる可能性があるということ。素晴らしいw

 

さらに期間限定で2倍→5倍のキャンペーンを実施していますから恐ろしいもんです…!

 

しかしクイック購入そのものも最近できたサービス。

クイック購入って何?という方もいらっしゃると思います。

 

今日は、「取引マイニング」と「クイック購入」の違いをご紹介していきたいと思います。

 

 

違いその①:「取引」ではない

まずこれが大きな違いになります。

 

取引マイニング

2つの通貨を取引することによって、

発生する手数料をXEXにて還元する

というものでした。

つまり手数料は発生し、代わりにポイントとしてXEXが貰えるといった感覚です。

しかしクイック購入はシンプルに

BTCでXEXを買う

というもの。

ただ単に買うだけなので「取引」とは異なります。

ちなみに取引マイニング同様、30日・60日・90日のロックが必要となります。

 

 

違いその②:取得できるXEX量が異なる

二つ目の違いが、

結果的に取得できるXEX量に差が出ることです。

 

仮に10000円を元手に考慮すると、得られるXEXは

クイック購入

30日ロック

(103%→期間中105%

10,500XEX

(2倍当選で21,000XEX)

(5倍当選で52,500XEX)

クイック購入

60日ロック

(106%→期間中110%

11,000XEX

(2倍当選で22,000XEX)

(5倍当選で55,000XEX)

クイック購入

90日ロック

(112%→期間中120%

12,000XEX

(2倍当選で24,000XEX)

(5倍当選で60,000XEX)

取引マイニング

30日ロック

(108%)

10,800XEX
取引マイニング

60日ロック

(118%)

11,800XEX
取引マイニング

90日ロック

(130%)

13,000XEX

と、やや差が出てしまいます。

 

 

違いその③:大口購入にお勧め

一度にまとまった数量が欲しい!という場合はクイック購入はおすすめです。

取引マイニングだとどうしても時間がかかってしまいます、価格変動で若干損得があります。

 

クイック購入は購入した瞬間に相当数のXEXが手に入るので、

例えばキャンペーンが直前に迫っていることが分かれば、取引マイニングよりも確実に素早くXEXを手に入れることが出来ますね。

 

また、XEX採掘上限数は以下のとおりです。

種類 採掘上限/日
手動マイニング 48,000XEX
自動マイニング 48,000XEX
クイック購入 96,000XEX

 

 

結論:堅実的には取引マイニング、確率の高い冒険はクイック購入

どのみちロックもかかりますし、堅実に資産運用されたい方は

確実にXEXが多くもらえる、取引マイニングで良いかと思われます。

 

しかしキャンペーンで2倍や5倍ボーナスがあるときは、

リスク少なくクイック購入の方が大幅に資産を増やせる可能性が高いので

クイック購入の方がチャンスは大きいです。

 

 

先日1回目のIEOプラットフォームが発表されましたが、

こちらはロックしてないXEXで売り買いでしたね。

クイック購入ではロック期間が外れるのを待つしかないので、

動かせるXEXの資金調達までやや時間がかかります。

 

取引マイニングなら旨味こそありませんが「マイニング0」が存在するので、

動かせるXEXが即日欲しい方は取引マイニング一択ですね。

 

 

 

参考になりましたら幸いです!

まだ仮想通貨眠らせてるの?眠らせつつ資産を3倍にする取引所のススメ

 

仮想通貨バブル崩壊…その後……

仮想通貨バブルが弾けて早いもので1年がたちました。

 

そのせいで仮想通貨の値段が上がることを信じて、

眠らせている人も多いのではないでしょうか?

 

顕著な例だとビットコインキャッシュは総量の90%がホールド*されているというデータもあります。

おそらくこれを読んでいる人にも、変動の激しさ、バブル後の弱気市場のために動かせないでいる人も多いことでしょう。

 

しかし、その仮想通貨、実は出来高(総取引量)が過去最高に高まって来ています

2020年までにはバブル最盛期の[BTC200万円]まで回復すると予想している投資家も少なくありません。

今のうちに増やしておかない手はないと思います。

*ホールド:仮想通貨を動かさず、保持し続けること。

 

では、どのように賢くリスクを低く増やしていくのか。

いくつかご紹介させていただきます。

続きを読む