概要説明

仮想通貨・クロスエクスチェンジの専門用語まとめ

仮想通貨・クロスエクスチェンジの専門用語をまとめました。

可能な限り簡略化してまとめてますので詳しく知りたい方は他のサイトさんも是非ご参照くださいませ。

随時追加していこうと思っておりますのでゆるい気持ちで眺めていただければ幸いです。

(ひとまず順不同です。)

 

取引所

仮想通貨を売買することができる、銀行のようなものです。

CROSSexchangeも取引所ですし、それ以外にも日本で有名なGMOコイン・コインチェック・ビットフライヤーなども取引所となります。

 

トークン

既存のブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨のことを指して「トークン」と呼びます。

 

ブロックチェーン

ビットコイン開発の過程で生まれ、ビットコインの取引を記録する分散型台帳を実現するための技術です。

 

ICO

新規仮想通貨公開。

新規で登場したトークンを発行企業から直接購入することができます。

それによってSCAM(詐欺)や資金持ち逃げするケースもありました。

IEO

販売・配布を、プロジェクトが特定の取引所に委託して行う資金調達のことをいいます。

ICO同様、新規で登場したトークンを取引所から直接購入することができます。

また、IEOは取引後大手仮想通貨取引所で行われることが多く、トークンセール終了後にはその取引所に上場される可能性も高いため将来性という点ではICOよりも安心できます。

そのほか、委託する都合上取引所によって審査が行われるので詐欺などの心配が比較的ありません。

 

旨味だけを簡潔に話すと、

「信頼されやすい発行したてのトークンを安価で買えるから、高騰すれば儲かる可能性が高い」

ということですかね。笑

 

クロスエクスチェンジ(CROSSexchange)

アゼルバイジャン共和国にて仮想通貨の金融ライセンス第1号を取得した取引所。

独自トークンXEXを所持することで毎日配当が得られるシステムを導入。

また、自動マイニングで採掘したい金額ぶんを自動でマイニングしてくれる機能も。

日本語完全対応なので今注目されている取引所です。

 

バイナンス

世界最大規模の海外仮想通貨取引所。

 

マイニング

直訳で「採掘」。言葉のとおり仮想通貨を掘りあてる行為です。

 

暗号通貨

仮想通貨の別称。

 

通貨の種類(代表的なもの)

XEX

読みは「ゼックス」。クロスエクスチェンジ独自のトークン。

BTC

読みは「ビットコイン」。恐らく世界が一番メジャーなトークン。

ETH

読みは「イーサリアム」。

XRP

読みは「リップル」。

USDT

読みは「テザー」。1USDTがほぼ1ドル(USD)になるよう固定されている通貨。

 

※代表的なものを取り上げましたが、ほかにも数千種類のコインが存在しています。

 

アルトコイン

ビットコイン以外の仮想通貨の総称。

 

ビットコインアドレス

ビットコインを利用するにあたっての口座番号のようなもの。

 

ガチホ

ガチでホールド」の略。長期保有。

 

損切り

仮想通貨が暴落するなどで購入した額よりも価値が下がってしまい、これ以上価値が下がる前に損を覚悟して売る行為のこと。

 

塩漬け

仮想通貨を買った直後に暴落するなどして、損切りのタイミングを逸してしまい強制的にホールドすることを余儀なくされてしまう状態である。

 

SCAM(スキャム)

直訳すると「詐欺」。

ICOにおいては、プロジェクトや開発の実態が全くないにも関わらずウェブサイトなどで集客。トークンのプレセールを開始し、仮想通貨を不正に調達するという詐欺事例など。

 

ドミナンス

直訳すると「シェア・占有率」。

例えば「BTCドミナンス」とは、「仮想通貨におけるビットコインのシェア」のことを指し、

仮に仮想通貨市場全体が10兆円・ビットコインが4兆円市場に出回っているとすれば40%となります。

仮想通貨市場の全体像を把握する上で重要な数字となります。

 

ボラティリティ

日本語訳で「価格変動性」です。

ボラティリティが大きいと価格の変動率が高く、大きく利益を得るチャンスがある代わり大損する可能性もあります。

逆にボラティリティが小さいと価格の変動率は低く、損失は生まれにくいですが利益も生み出しにくいです。

 

スプレッド

売りと買いの差額。

例えば

BTC/円、買い:100円 売り:95円の場合であれば、

スプレッドは5円となります。

取引手数料とは異なります。

 

 

↓クロスエクスチェンジの登録は下記から行えます!↓

 

↓LINE@でクロスエクスチェンジの詳細情報を配信してます!↓

「取引マイニング」と「クイック購入」の違いって?どっちがお得?【クロスエクスチェンジ】

先日、クロスエクスチェンジでまた新しいキャンペーンが発表されましたね。

その内容はズバリ、

XEX QuickBUYキャンペーン

クイック購入をすることで10分の1の確率で購入数量が2倍になるという太っ腹キャンペーンです!

つまり1万円が2万円、10万円が20万円、50万円が100万円になる可能性があるということ。素晴らしいw

 

さらに期間限定で2倍→5倍のキャンペーンを実施していますから恐ろしいもんです…!

 

しかしクイック購入そのものも最近できたサービス。

クイック購入って何?という方もいらっしゃると思います。

 

今日は、「取引マイニング」と「クイック購入」の違いをご紹介していきたいと思います。

 

 

違いその①:「取引」ではない

まずこれが大きな違いになります。

 

取引マイニング

2つの通貨を取引することによって、

発生する手数料をXEXにて還元する

というものでした。

つまり手数料は発生し、代わりにポイントとしてXEXが貰えるといった感覚です。

しかしクイック購入はシンプルに

BTCでXEXを買う

というもの。

ただ単に買うだけなので「取引」とは異なります。

ちなみに取引マイニング同様、30日・60日・90日のロックが必要となります。

 

 

違いその②:取得できるXEX量が異なる

二つ目の違いが、

結果的に取得できるXEX量に差が出ることです。

 

仮に10000円を元手に考慮すると、得られるXEXは

クイック購入

30日ロック

(103%→期間中105%

10,500XEX

(2倍当選で21,000XEX)

(5倍当選で52,500XEX)

クイック購入

60日ロック

(106%→期間中110%

11,000XEX

(2倍当選で22,000XEX)

(5倍当選で55,000XEX)

クイック購入

90日ロック

(112%→期間中120%

12,000XEX

(2倍当選で24,000XEX)

(5倍当選で60,000XEX)

取引マイニング

30日ロック

(108%)

10,800XEX
取引マイニング

60日ロック

(118%)

11,800XEX
取引マイニング

90日ロック

(130%)

13,000XEX

と、やや差が出てしまいます。

 

 

違いその③:大口購入にお勧め

一度にまとまった数量が欲しい!という場合はクイック購入はおすすめです。

取引マイニングだとどうしても時間がかかってしまいます、価格変動で若干損得があります。

 

クイック購入は購入した瞬間に相当数のXEXが手に入るので、

例えばキャンペーンが直前に迫っていることが分かれば、取引マイニングよりも確実に素早くXEXを手に入れることが出来ますね。

 

また、XEX採掘上限数は以下のとおりです。

種類 採掘上限/日
手動マイニング 48,000XEX
自動マイニング 48,000XEX
クイック購入 96,000XEX

 

 

結論:堅実的には取引マイニング、確率の高い冒険はクイック購入

どのみちロックもかかりますし、堅実に資産運用されたい方は

確実にXEXが多くもらえる、取引マイニングで良いかと思われます。

 

しかしキャンペーンで2倍や5倍ボーナスがあるときは、

リスク少なくクイック購入の方が大幅に資産を増やせる可能性が高いので

クイック購入の方がチャンスは大きいです。

 

 

先日1回目のIEOプラットフォームが発表されましたが、

こちらはロックしてないXEXで売り買いでしたね。

クイック購入ではロック期間が外れるのを待つしかないので、

動かせるXEXの資金調達までやや時間がかかります。

 

取引マイニングなら旨味こそありませんが「マイニング0」が存在するので、

動かせるXEXが即日欲しい方は取引マイニング一択ですね。

 

 

 

参考になりましたら幸いです!

まだ仮想通貨眠らせてるの?眠らせつつ資産を3倍にする取引所のススメ

 

仮想通貨バブル崩壊…その後……

仮想通貨バブルが弾けて早いもので1年がたちました。

 

そのせいで仮想通貨の値段が上がることを信じて、

眠らせている人も多いのではないでしょうか?

 

顕著な例だとビットコインキャッシュは総量の90%がホールド*されているというデータもあります。

おそらくこれを読んでいる人にも、変動の激しさ、バブル後の弱気市場のために動かせないでいる人も多いことでしょう。

 

しかし、その仮想通貨、実は出来高(総取引量)が過去最高に高まって来ています

2020年までにはバブル最盛期の[BTC200万円]まで回復すると予想している投資家も少なくありません。

今のうちに増やしておかない手はないと思います。

*ホールド:仮想通貨を動かさず、保持し続けること。

 

では、どのように賢くリスクを低く増やしていくのか。

いくつかご紹介させていただきます。

続きを読む