仮想通貨

【保存版】仮想通貨の入出金ってどうすればいいの?概要とやり方だけわかりやすく解説

クロスエクスチェンジをはじめとする仮想通貨を始めたばかりの方は、

自分が入金した資産をどのように扱えばいいか気になるところだと思います。

 

クロスエクスチェンジの場合はロックがかかってる以上期間中は資産を動かせませんが、いざ出金のしかたを知らないと持ち腐れとなってしまいますね。

ここではクロスエクスチェンジはもちろん、他の取引所でも使える資産の入出金の方法を簡単に説明したいと思います。

 

 

結論。銀行振込のように考えれば全てOK。

はい、いきなり結論言っちゃいました(笑)

いろいろ難しい言葉出てきたりするかもしれませんがシンプルにこれだけ覚えれば概ね大丈夫です。

 

ではちょっとだけ考えてみましょう。銀行振り込みの際に必要な情報は何でしょうか??

 

 

ウォレットアドレス

もうおわかりですね。「振込先の口座」です。

そして「ウォレットアドレス」こそが「口座番号」となります。

 

ちなみにこのウォレットアドレスは、

「BTCウォレットアドレス(BTCアドレス・ビットコインアドレスとも呼ばれたりする)」

「ETHウォレットアドレス(同上)」

といったように、各通貨ごとに設定されております。

 

 

では実際にクロスエクスチェンジで見てみましょう。

メニュー上部の「総資産」をタップして、BTC横の「入金」をタップ。

 

すると下記のような画面になると思います。

BTCじゃなくても何でも大丈夫です。(違うアドレスであることが確認できると思います)

これが「口座番号」となります。

つまり相手がたに「この口座に振り込んでね!」的な意味合いで教えてあげればOKです。

QRコードでもアドレス(文字列)でも構いません。

手元で読み込めるならQR、それ以外ならアドレスが確実だと思います。

相手がたの対応できる方を教えてあげましょう。

 

ちなみにGMOコインでも、下記のようにビットコインアドレスが設けられております。

 

 

例えば、クロスエクスチェンジからGMOコイン経由で銀行口座に振り込みたい場合は

クロスにGMOの口座(アドレス)を教える必要があるわけですね。

 

ちなみにその場合の、クロス側の処理は以下のとおりです。

①出金をタップ

 

②出金先アドレスをGMO(出金先のアドレス)を入力。

出金金額を入力。

 

これでOKです!

 

取引後二段階認証やパスワード確認、メールで出金確認などが必要な場合があります。

こちらは全て対応しましょう。

 

 

(ほぼ)全ての取引所やウォレットと同じやり方でイケます

このウォレットアドレスの考え方は国内外問わず、私が知る限りほぼ全ての取引は同じやり方で入出金対応できます。

これは取引所同士はもちろん、バンドルカードのように仮想通貨でチャージできるタイプのプリペイドカード等でも同様の方法で入出金が確認できています。

 

出金がうまくできるか不安という方は、クロスとGMOのように2つ取引所を用意し、一度少額で試してみても良いかもしれません。

 

 

ただ、出金は課税対象となりますのでご注意を。

(税金に関しては情報が定かではないのと、税理士によって回答も異なるため当記事では回答しかねます。ご了承ください。)

上記の理由もありますしまだまだ発展途上なので、とりあえずはクロスエクスチェンジユーザーはXEXホールドが安全策だと思います。

 

↓クロスエクスチェンジの登録は下記から行えます!↓

 

↓LINE@でクロスエクスチェンジの詳細情報を配信してます!↓

ビットコインでチャージできる、今話題の「バンドルカード」とは?クロスエクスチェンジからの送金方法

特にこのサイトをご覧の方はクロスエクスチェンジを利用されている方が大半だと思いますので、

少しずつ利益を得ている方も増えていることかと思います。(クロスで損した話を聞いたことありませんが)

 

2019/6/12、クレジットで仮想通貨を購入できるようになり今後さらに参入者が増え、

よりクロスエクスチェンジは活発に活動してくると予想されます。

 

そこで次に考えることはひとつ。

「この仮想通貨をどう使うか?」

ということだと思います。

 

クロスユーザーとして現在、一般的な方法としては

  1. そのままXEXとして保持
  2. 日本円に換金
  3. ビットコインで直接支払い

の3択が考えられると思います。

 

正直私も今は「1」が一番おススメですw

「3」はまだ対応店舗が少ないので実用性はまだ低いと言えるでしょう。

どうしても日本円として使いたい!元手分くらいは出金したい!という方へ、

 

2以外の第4の選択肢として

「プリペイドカード」へ入金。

中でもビットコインで入金できる『バンドルカード』

というものを今回ご紹介させていただきます。

 

 

バンドルカードって何?

バンドルカードは、誰でも作れるVisaプリペイドカードです。

プリペイドなのでチャージした額しか使用できないというのが特徴です。

例えば10,000円入金したら10,000円分しか購入できません。

※ちなみにバンドルカードには「ポチっとチャージ」という機能で「後で入金」もできるそうです。ただコチラは払い忘れなどによるトラブルのもとになるので個人的にはお勧めしません。

 

また、バンドルカードはバーチャルカードとリアルカードの2種類が存在していて、ネット通販だけでしたらスマホの画面上だけで完結するバーチャルカードだけでじゅうぶんです。

実店舗や海外で使用する場合はリアルカードの検討をしましょう。

 

VISAのプリペイドカードなどは世の中にたくさん種類があり普及しておりますが、

今回バンドルカードを選択した理由はただ一つ。

「ビットコインで入金ができる」

ことです。

 

 

バンドルカードの登録・発行方法

至ってシンプルです。

スマホでアプリをDLして登録すればバーチャルカードは発行されます。

公式サイト:https://vandle.jp/

 

バーチャルカードさえ発行されていればビットコインでのチャージは可能となりますので、即日入金もじゅうぶん可能になります。

 

 

クロスエクスチェンジ→バンドルカードへの入金方法

—————————————————————————-

まずはバンドルカードで必要な情報を取得します。

—————————————————————————-

①メイン画面の「チャージ」を選択後、下へスクロール。

 

②「ビットコイン」をタップ。

③「新規チャージ手続きへ」をタップ。

チャージ可能額はリアルカードの有無で変動します。

また、下部にチャージ履歴が表示されていきます。

 

④チャージ金額を入力します。

残念ながら1,000円単位の日本円でしか入力できず、入金したいビットコインの額では入力不可です。

よって「クロスにある残高全てを入金」といったことはできないので注意が必要です。

今手元にあるビットコインが日本円でいくらなのか把握したうえで入力し、決定しましょう。

(手数料や価格変動もあるのでやや余裕を持たせておくと良いです。)

 

⑤入金手続きの画面になりました。

一度GMOコインとクロスエクスチェンジ間のやりとりを経験された方はなんとなくお分かりになるかもしれません。

①ビットコイン額と

②入金用アドレスをもとに、

③20分以内に入金手続きを行う必要があります。

 

—————————————————————————-

次に上記の情報をもとに、クロスエクスチェンジで手続きを行います。

—————————————————————————-

①ログイン後、総資産をタップ。

 

②BTCの「出金」をタップ。

 

③出金先アドレス・出金金額を入力。

バンドルカードに表示された情報をコピーして貼り付けたら確実かと思います。

 

④アドレスと金額を指定後したら、出金申請を押してください。

二段階認証とメールによる確認がありますがどちらも対応しましょう。

 

—————————————————————————-

ここまで対応したら、最後にバンドルカードで確認します(反映に時間がかかります)

—————————————————————————-

バンドルカードのビットコイン画面上で、3つともレ点がついていれば完了です。

 

 

入金するにあたっての注意

①クロスエクスチェンジは、ハッカー対策でログイン後2分間は出金作業ができない。

クロスエクスチェンジはセキュリティの都合上、ログインしてから2分間は出金ができません。

2分とうたっておりますが、実際は5~8分ほどは出金ができないようです。

 

よって実際に出金作業する際にはバンドルで手続きする前に、

クロスにログインしてから手続きしたほうがスムーズかもしれません。

 

②送金ミスによる入金されないこともある

バンドルカードは、以下の場合入金がうまく適用されません。

  • 20分に間に合わなかった場合
  • 異なる金額を入金した場合

この場合「×」となり入金失敗となります。

 

この場合はマニュアルに沿って「返金手続き」を行うことで返金作業が行えます。

平日しか返金対応していないのと、返金には手数料がかかってしまうので注意が必要です。

 

その他ご利用規約や詳細は公式サイトをご参照ください。

https://support.vandle.jp/hc/ja/articles/115015419888-%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%A6%8F%E7%B4%84

 

 

バンドルカードでの支払い方法

リアルカードの場合は通常のクレジットカードと同じ扱いとなります。

visaが使用できる店舗で通常通りお買い物ができます。

チャージ金額以上の買い物は出来ない場合があるのでご注意ください。

https://support.vandle.jp/hc/ja/articles/227361888

 

バーチャルカードの場合は「カード番号を表示」をタップすることで

カード情報・セキュリティを表示することが出来ます。

ネット通販でしか使用できませんが使い方はリアルカードと同じとなります。

 

 

バンドルカードを使用するにあたってのご注意

円に換えるのとおなじで、税金はかかる?

正直、税金に関しては「これが正解」が現状ありません

 

「入金 – 出金」だったり、「課税対象は20万円以上から」だったり。

マイニングひとつひとつも課税対象とおっしゃってる方もいらっしゃいます。

いろいろな捉え方があり税理士さんでも完璧に把握してる方は少ないと言われています。

 

私は税理士ではないので我々では判断もしづらいですし、答えを明示することも出来兼ねてしまいます。

このあたりは慎重に、何があっても答えられるようにしっかり記録は自身でつけておくことが安全策かと思われます。

 

 

↓クロスエクスチェンジの登録は下記から行えます!↓

 

↓LINE@でクロスエクスチェンジの詳細情報を配信してます!↓

仮想通貨・クロスエクスチェンジの専門用語まとめ

仮想通貨・クロスエクスチェンジの専門用語をまとめました。

可能な限り簡略化してまとめてますので詳しく知りたい方は他のサイトさんも是非ご参照くださいませ。

随時追加していこうと思っておりますのでゆるい気持ちで眺めていただければ幸いです。

(ひとまず順不同です。)

 

取引所

仮想通貨を売買することができる、銀行のようなものです。

CROSSexchangeも取引所ですし、それ以外にも日本で有名なGMOコイン・コインチェック・ビットフライヤーなども取引所となります。

 

トークン

既存のブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨のことを指して「トークン」と呼びます。

 

ブロックチェーン

ビットコイン開発の過程で生まれ、ビットコインの取引を記録する分散型台帳を実現するための技術です。

 

ICO

新規仮想通貨公開。

新規で登場したトークンを発行企業から直接購入することができます。

それによってSCAM(詐欺)や資金持ち逃げするケースもありました。

IEO

販売・配布を、プロジェクトが特定の取引所に委託して行う資金調達のことをいいます。

ICO同様、新規で登場したトークンを取引所から直接購入することができます。

また、IEOは取引後大手仮想通貨取引所で行われることが多く、トークンセール終了後にはその取引所に上場される可能性も高いため将来性という点ではICOよりも安心できます。

そのほか、委託する都合上取引所によって審査が行われるので詐欺などの心配が比較的ありません。

 

旨味だけを簡潔に話すと、

「信頼されやすい発行したてのトークンを安価で買えるから、高騰すれば儲かる可能性が高い」

ということですかね。笑

 

クロスエクスチェンジ(CROSSexchange)

アゼルバイジャン共和国にて仮想通貨の金融ライセンス第1号を取得した取引所。

独自トークンXEXを所持することで毎日配当が得られるシステムを導入。

また、自動マイニングで採掘したい金額ぶんを自動でマイニングしてくれる機能も。

日本語完全対応なので今注目されている取引所です。

 

バイナンス

世界最大規模の海外仮想通貨取引所。

 

マイニング

直訳で「採掘」。言葉のとおり仮想通貨を掘りあてる行為です。

 

暗号通貨

仮想通貨の別称。

 

通貨の種類(代表的なもの)

XEX

読みは「ゼックス」。クロスエクスチェンジ独自のトークン。

BTC

読みは「ビットコイン」。恐らく世界が一番メジャーなトークン。

ETH

読みは「イーサリアム」。

XRP

読みは「リップル」。

USDT

読みは「テザー」。1USDTがほぼ1ドル(USD)になるよう固定されている通貨。

 

※代表的なものを取り上げましたが、ほかにも数千種類のコインが存在しています。

 

アルトコイン

ビットコイン以外の仮想通貨の総称。

 

ビットコインアドレス

ビットコインを利用するにあたっての口座番号のようなもの。

 

ガチホ

ガチでホールド」の略。長期保有。

 

損切り

仮想通貨が暴落するなどで購入した額よりも価値が下がってしまい、これ以上価値が下がる前に損を覚悟して売る行為のこと。

 

塩漬け

仮想通貨を買った直後に暴落するなどして、損切りのタイミングを逸してしまい強制的にホールドすることを余儀なくされてしまう状態である。

 

SCAM(スキャム)

直訳すると「詐欺」。

ICOにおいては、プロジェクトや開発の実態が全くないにも関わらずウェブサイトなどで集客。トークンのプレセールを開始し、仮想通貨を不正に調達するという詐欺事例など。

 

ドミナンス

直訳すると「シェア・占有率」。

例えば「BTCドミナンス」とは、「仮想通貨におけるビットコインのシェア」のことを指し、

仮に仮想通貨市場全体が10兆円・ビットコインが4兆円市場に出回っているとすれば40%となります。

仮想通貨市場の全体像を把握する上で重要な数字となります。

 

ボラティリティ

日本語訳で「価格変動性」です。

ボラティリティが大きいと価格の変動率が高く、大きく利益を得るチャンスがある代わり大損する可能性もあります。

逆にボラティリティが小さいと価格の変動率は低く、損失は生まれにくいですが利益も生み出しにくいです。

 

スプレッド

売りと買いの差額。

例えば

BTC/円、買い:100円 売り:95円の場合であれば、

スプレッドは5円となります。

取引手数料とは異なります。

 

 

↓クロスエクスチェンジの登録は下記から行えます!↓

 

↓LINE@でクロスエクスチェンジの詳細情報を配信してます!↓

【2019年最新版】仮想通貨って何?初心者でもわかる簡単解説。おススメ取引所とコインも紹介

『仮想通貨』

事件があったり億り人が排出されたり、少し前までニュースでもCMでも話題になってた仮想通貨。

最近名前を全然聞かなくなり下降し続けているように見える仮想通貨は、

実は少しずつ、上向きに変わりつつあるんです。

 

 

…と、その前に。

ぶっちゃけ、仮想通貨って何なの?

という方も実は結構いらっしゃるはず。

 

 

そんなあなたのために、

専門用語など難しいキーワードを(あまり)使用せずかんたんにまとめてみました。

これから参入を検討される方の手助けになれば幸いです。

続きを読む